大学時代の産物

今日もこーちゃんと遊んだ。先日飲んだ時に住んでる街を案内してくださいって言われて、祖師谷に来てもらった。砧公園の横にバスケットコートがあるからバスケして、商店街にある温泉に入って、街中華を食べるプラン。

朝10時に駅集合。自宅に遊び道具を取りに帰ったとこでバスケットボールに空気が全く入ってないことに気が付く。空気入れもないからまず調達から始まる。何件かお店を回ったけど置いてるお店はなく、結局自転車用品売り場で本格的なデカい空気入れを買った(こーちゃんが買ってくれた)。

公園に行く途中にあるアンディというバインミーが食べれるお店で軽食。魚のマリネのバインミーベトナムのノンカフェイン茶を注文。パンが柔くてあっさりしていて美味しかった。ベトナムはフランスの統治下だったからフランスパンが流通していた話をした。最近は知識をひけらかしてばかりである。反省。お店の二階のイートインスペースも雰囲気が良くて当たりだった。

腹ごしらえもすんで、公園に移動しバスケをした。最近やってる筋トレと連日の散歩で足がパンパンだったけど、思ったより動けた(息切れは半端なかった)ダイエットにもなりそうだし、朝もだいぶ過ごしやすくなったから習慣づけたい。1時間半くらいシューティングや1on1をして遊んだ。

僕の家に荷物を置きに戻って、そしがや温泉に移動。サウナやプール(スッポンポンで泳げるミニプールがある)を楽しんだ。デカい湯船に浸かりながら話すのいいね。お風呂上がりに自販機のアイスを食べて解散した。こーちゃん遊んでくれてありがとう。

家に帰ってからTwitterを見てると、大学の時に授業を取っていた宇田川先生がスペースを開いていたので参加した。自分の研究のこととか音楽のこととかをお話しされていたけど、話の途中に出てきた依存症に対するアプローチの一種であるハーム・リダクションについての話が興味深かった。単純に依存対象についてやめさせようとするわけではなく危険や害をできるだけ少なくするという考え方らしい。薬中の人に注射針を使い回すのではなく、まず新しいやつを毎回使うようにしようと提案するといったようなイメージ。それに付随してプリズン・サークルという映画を紹介しててこれまた気になった。受刑者による対話セラピーについてドキュメンタリー作品だ。宇多川先生は経営戦略を研究されていた方だけど、企業間や個人間における対話によるアプローチの話をよくされていたことを思い出した。オンライン上の対話ではあるけどスペースとかラジオとかはとてもライトな感じで話題を横断できるから聞いていて楽しいし、やってみるのも楽しそうだなと興味が湧いた。まじめな学生じゃなかったから宇田川先生の講義で単位を取れたことはなかったけど、先生の講義は面白くてなんか好きだったし、今日の話も当時みたいに楽しく聞いていた。