何もしないのも疲れるよね

4/4

三回目モデルナ社ワクチン摂取。前回のワクチンは微熱程度で全然動けたけど今回は完全にダウン。丸一日なにもできずずーっとベッドに横たわっていた。かといって眠いわけじゃないから映画を垂れ流していたが集中できず15分くらいで中断しては別の作品を再生するを繰り返す。結局、くだらないYouTubeを聞き流すことが一番いいことに気が付く。映画はちゃんと集中してみたいのだ。

4/5

熱は完全に下がったがやることが見つからず午前中はひたすらダラダラする。お昼前くらいから掃除や洗濯をし、午後イチでNetflixで「The Hand of God」を観る。イタリア人監督のパオロ・ソレンティーノの新作で今年のアカデミー外国語映画賞にノミネートした作品。そんなには期待してなかったけどまあまあよかったと思う。相変わらず映像は美しいし、80年代のナポリの雰囲気はすごく良くて、海外旅行と縁とおい自分にとってはこの映像を見ることですらもう旅行だった。主人公にとって馴染みのある土地が悲劇によって悲しい出来事を内包した土地になってしまうことがラストシーンの移動に重なっていてその気持ちはとても理解できた。

適当に夕飯を作り、ソネさんと電話。お互いの近況を話す。ソネさんは福岡にいるらしいから福岡のお店の情報を伝えて1時間くらい話してバイバイした。色々あるけど頑張ろう、僕もそろそろ動き出したいなとか考えたりする。