悲しい色やね

朝からお皿をしまった。上京してすぐの頃、栃木にドライブ行った時に買った益子焼のお皿だ。割った瞬間結構ショックだったけど、自分の不注意でしかなくそっと飲み込んだ。

お昼過ぎに下北でナオさんと合流。シーシャカフェでシーシャを吸った。人生二回目だったけど、下北のお店はフレーバーがたくさんあったし、店員さんが気さくで凄く居心地が良かった。ナオさんと会うのも二回目だったけど、緊張感も程よく打ち解けられてそのまま飲みにいくことになった。

居酒屋に移動し、お酒も入り盛り上がった。仕事とかプライベートとか頑張っている人だから色々考えてる感じではあったけど、自分とは価値観があんまり違う人なのかなと思った。だからと言って相容れないとか縁を切るとかではない。この人と関係性を続けるにはお互いに理解がすることがより必要なタイプだなと思った。(というかあんまり僕のことを理解してくれるような感じではなかった)

お酒も入って割と赤裸々に語った。僕はあんまりこういう話を気にはしないから話半分で聞き流していたけど、向こうのボディタッチが激しくなったり、触らせてとか言われて引いた。そういうのはダメですって断ったけど、おもんないとかそれ以上はないけん触るのはいいやろとか言ってきて、やたら手とか顔を触ることを強要された。ドン引きである。めんどくさいからあしらって解散の流れに持ち込んだ。帰る方向も一緒だったけど、改札前でバイバイして仕切り直しで一人でバーに行った。

ヒロコさんに教えてもらったお店に初めて行った。お客さんとかお店の方とあんまり会話はできなかったけど、自分の気持ちを浄化できた。ヒロコさんの話をしたら、お店を辞められたらしい。勝手に自分のことを東京の母と自称してくれていたから僕にとっては思い出があったけどもう会うことないかもしれない。悲しいね。